カテゴリー: 音楽

7月7日ルネコロさよならコンサートの感想

昨日7月7日(月)、サントリーホールで行われた『第10回イマジン七夕コンサート21014』
『ルネ・コロさよならコンサート』に行って来ました。

イマジン七夕コンサートは名前から分かる様に、毎年七夕に開催しているそうです。
今年は10回目。
特別ゲストはルネ・コロさんです。
10年の歴史があるコンサートだとは知りませんでした。
パンフレットによると、コンサート・イマジン自体は、今年で創立20年を迎えたそうです。
ルネ・コロ

指揮者は、井﨑正浩
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

出演 ルネ・コロ(テノール)
小松英典(バリトン) 白川佳子(ソプラノ) 蔵野蘭子(ソプラノ) 城守香(アルト)

司会者 山形由美、加藤昌則

 

ルネ・コロさんはドイツを代表するヘルデン・テノール歌手です。

知らない方がいるといけないので、あえて書きますが、日本で有名なテノール歌手と言えば、
ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの三大テノールですよね。

ルネ・コロさんは、この三大テノールに匹敵する実力の持ち主です。
三大テノール以上かもしれません。

私がかつてウィーンに短期留学していた時、ウィーン、ミュンヒェン、ベルリンetc.
各地でコンサートやオペラを聴きまくりました。
色々な劇場で色々な歌手の歌を聴いて、一番最高だと思ったテノール歌手が、ルネ・コロさんでした。
当時既に全盛期を過ぎていたはずなのに、本当に素晴らしかったです。

そのルネ・コロさんが引退してしまうなんて寂しい限りです。

ルネ・コロさんは1937年11月20日生まれの、76歳!
むしろ今まで現役だったのを喜ぶべきですね。
こうしてお別れコンサートを日本で開いてくれるなんて感激です。

昨日、舞台に現れた姿を見た時は「年取ったなぁ~」って思いました。
でも表情は昔のまま、活き活きとしていました。

年齢を考えると、どれだけの歌声が出るのか正直不安だったので、かなり前の席を買っていました。
前過ぎてオケが聴き難いのは覚悟の上です。

でも流石サントリーホール!
上野の東京文化会館で最前列に座った時は、酷く音響が悪かったですが、
サントリーホールはかなり前の席でも、舞台後方の壁や天井から上手く音が反響して、
音がこなれて聴こえます。
それでもバランスを考えると、もうちょっと後方で聴きたいですが。

オーケストラは、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団です。
どうして東京フィル呼ばないかなぁ。。。。。
オケには全然期待していなかったのもあって、前の方の席にしたんですよね。

ところが、いい意味で昨日は期待を裏切ってくれました。
このオケ、少し成長したなのかな、だといいな。
3月に東京文化会館で聴いた時は、本当に酷かったんですよ。
でも昨日の演奏は、ほんのちょっと危なかしく感じた部分もあったけれど許容範囲内、
前に聴いた時より、いい演奏をしていました。

ルネ・コロ1
ルネ・コロ2

プログラムは第1部はワーグナーのオペラから、第2部はオペレッタからの構成でした。

ルネ・コロさんが歌ったのは、第1部ではタンホイザーのローマ語り。
第2部は、ジプシーよ来たれ、マキシムへ行こう、メリー・ウィドウ・ワルツ、ぶどう酒の燃える流れに~
上記の5曲でした。

ルネ・コロさんは、メリー・ウィドウ・ワルツの冒頭だけ日本語で歌っていました。

ルネ・コロさんの歌を聴いて、不安が吹き飛びました。
すごく響く綺麗な歌声、たっぷりの音量、表現力も素晴らしかったです。
まるで人間楽器ですね。
タンホイザーのローマ語りは、とても迫力があって引き込まれました。

やはり桁違いに上手です!
まだまだ歌えるのに、これで引退するのは勿体無い…
だけど年齢を考えると、ワーグナー全幕を歌うのは体力的に辛いものがあるでしょうね。

ルネ・コロさんはヘルデン・テノールだけど、声質が明るいのでオペレッタもよく合っています。
元々オペレッタ系が得だったんですよね。

途中、トークのコーナーもあり、バリトン歌手の小松英典さんが通訳しました。

この年齢まで歌える秘訣は、何も考えない事。
何があっても運命だと思って難しく考えない。

今はベルリンとマジョルカ島に住んでいる。
(多分、主にベルリンに住んでいて、マジョルカ島にもよく行くと言う意味だと思います)

そんなお話をしていました。

トークなんかあったものだから、だんだん感傷的になってしまって、
ミュンヒェンで始めて聴いた時の事を思い出して、マズイことに泣きたい気分になりました。

ルネ・コロさんの歌を聴くのもこれが最後だと思うと、うるうるです。

誰も泣いてなんかいないのに、一人で泣くのはかなり抵抗あります。
泣くのは恥ずかしいので、絶対に堪えなければなりません。

こんな風に感情のコントロールが突然出来なくなるのは、老化現象?
それとも脳炎? 悪い脳の病気だったらどうしよう… なんて、まさかね。

何度かかなりマズかったですが、なんとか堪えて泣かずに帰れて良かったです。

またベルリンに行けばルネ・コロさんの歌を聴ける機会があるでしょうか?
引退しちゃうんだから無理かな。

寂しいけれど、最後にまだ充分余力のある素晴らしい歌声が聴かせて貰えて大満足でした。
一生のいい思い出になります。

Vielen Dank !

東京・春・音楽祭「ラインの黄金」の感想

2014年4月7日(月)上野の東京文化会館にワーグナーのオペラ
楽劇「ラインの黄金」を聴きに行ってきました。
数時間前の事ですが、もう日付が変わってしまいました。




聴いた感想は、期待以上でした!
「NHK交響楽団ってこんなに上手かった?」と改めて思いました。
そりゃN響は日本で1,2を争う上手いオケではありますけれど、
緩急自在な表現力、音の緊迫感も素晴らしかったです。
弦も木管も金管も綺麗でした。
指揮者のマレク・ヤノフスキ氏と、コンサートマスターのライナー・キュッヒル氏の
力に因るものも大きかったと思います。
ライナー・キュッヒル氏は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンマスなんですね。
歌手陣で素晴らしかったのは、アルベリヒ役のトマス・コニエチュニー氏です。
第一場のラインの川底での場面では、そうでもなかったですが、第三場のニーベルハイムで
本領を発揮! 指輪と共に威厳まで手に入れたかの様な自信たっぷりで
どこか神々しさまで感じられる歌いっぷりでした。第一場では抑えていたのかも。
まさに「闇のヴォータン」でしたね。
(ワグネリアン以外の方へ)
 闇のヴォータンとはアルベリヒの事です。
 光のヴォータンとの対象でこの表現が使われます。
第四場では、囚われの身となったアルベリヒに感情移入してしまいました。
ラインの黄金鑑賞史上初めてです!
ミュンヒェンでも、ベルリンでも、ウィーンでも、初台でも、他でも観たかな、
勿論CD・DVD鑑賞等でも、今までアルベリヒに共感したは一度もありません。
ラインの乙女達に絡んだり、何かと素行の悪いオッサンですからね。
指輪を奪い取られて開放された時の「Bin ich nun frei?」はほとんど聞き取れない感じで
次の「Wirklich frei?」は吐き捨てるような感じで、この後に続く呪いの言葉は、
鬼気迫るものがありました。
トマス・コニエチュニー氏のアルベリヒ、本当に良かったです。
ヴォータン役のエギルス・シリンス氏も良かったですが、
欲を言うと、もうちょっと音量が欲しかったです。
これは今回のキャスト全般に言える事で、でもそこまで音量を要求するのも
どうなのかと思ってみたり…
声を張り上げればいいってものでもありませんからね。
話が前後しますけれど、演奏会形式なので歌手陣は皆ステージ手前の
オケの前面で歌うものだと思っていたら、
巨人族2人組みは、客席から見てオケの右斜め後ろ、
エルダはなんと2階の客席から歌っていました。
オケを背負った形で歌うのも凄いのに、巨人族2人組みのフランク・ヴァン・ホーヴ氏と
シム・インスン氏は後ろからオケを超えて声を響かせている訳ですから、
音量がどうのなんて言ったら申し訳ないですね。
(まぁ普通のオペラでもオケピットを超えて歌う訳ですけれどね)
私の席は3階席の中央1列目だったので、2階席で歌っていたエルダ役の
エリーザベト・クールマンさんの姿は見えませんでした。
ステージ上の指揮者の目線で何となく位置を把握出来ただけです。
演奏会形式にしては凝った演出ですよね。
2階席からの声は充分過ぎる程、ホール内に響いていました。
エリーザベト・クールマンさんの歌声は神々しくて深みがありました。
フリッカ役のクラウディア・マーンケさんは、フリッカのイメージ通りでした。
声も良く響いていました。
日本人歌手陣は、フライア役の藤谷佳奈枝さん、
ラインの乙女達の、小川里美さん、秋元悠希さん、金子美香さんの4人です。
フライヤ役の藤谷佳奈枝さんは、高音域が綺麗ですね。
ミーメ役の方は、歌とは関係ないけれど、名前が滅茶苦茶長いですよぉ~!
フルネームは長過ぎなので、シュペルハッケ氏と呼ばせて頂きます。
ラインの黄金ではミーメは出番が少ないけれど、シュペルハッケ氏は
明るい声質で良かったです。
ローゲ役のアーノルド・ベズイエン氏、この人のローゲは面白かったです。
高音域に癖を出していて、おどけた表現を曲に乗せて歌う感じ?
言葉では上手く言い表せませんね。
こういう個性のある人がローゲを歌うといいですね。
もう一度オケの感想です。
ヤノフスキ氏の指揮は、快速で心地良かったです。
ワーグナーの作品の中でも、ラインの黄金が一番ノリのいい曲かな~と
聴きながら考えていました。
ライナー・キュッヒル氏のヴァイオリンの音色が艶やかで美しかったです。
金管はホンの少し揺らぎがあったけれど、いい味だと思いました。
唯一、4場のドンナーの歌と場面でホルンが危なかったですが、流石N響!
持ち堪えていましたね。ほぼパーフェクトでした。
N響ファンになろうかなぁ~。
ラインの黄金の最大の見せ場はラストです。
このラストの為に、幕間なしの約2時間半があると言っても過言ではありません。
「He da! He da! He do!」のドンナーの歌の辺りから、猛烈に盛り上がります。
ドンナーが雷雨降らせ、フローがヴァルハラ城への虹の橋を掛け、
次に続くヴォータンの歌が最大中の最大の見せ場です。
一番神経を使って清聴致しました。
「Abendlich strahlt der Sonne Auge~」から始まって
「So grüss' ich die Burg,」のSoの所が、感極まるんですね。
フリッカの「nennen.」って所も好きです。
nennenとは、名づけると言う意味で、発音はそのままネンネンです。
ワルキューレでも出てくる単語です。
ネンネンって響きがかわいいと思いませんか?
話が逸れてしまいましたね。
フロー役のマリウス・ベラド氏、ドンナー役のボアズ・ダニエル氏も
良かっただけに、やはりもうちょっと音量が欲しかったとどうしても思ってしまいました。
ヴォータン役のシリンス氏も、音量が加われば迫力ある歌になるのにな~。
私って音量信者なんだろうか。
過去に凄い歌手を聴き過ぎているのが原因です。
散々音量うんぬんといいましたけれど、最高に素晴らしい演奏が聴けて大満足でした。
続きは次回のワルキューレまで、後1年待たなくてはなりません。
待ちきれません。。。