パリ・オペラ座バレエ団の2014年の日本公演も、今日で終わってしまいました。
ダメ元で今日の椿姫の公演の当日券目当てで上野まで行こうかと
ギリギリまで考えていましたが、あるかどうか分らない当日券の為に頑張れませんでした。
行くだけ行って、ダメならお買い物でもして帰ってくれば良かったのに、
やはり15日(土)以降、気力が無くなってるみたいです。
夏のエトワール・ガラ2014には、出演者の中にカール様のお名前はないし、
次にカール様の踊りが観られるのはいつになるのか…
でもエトワール・ガラ2014の出演者にドロテさんの名前があったから、
やっぱりチケット買おうかな~、まだ間に合いそうですよね。
ここ数日、去年日本でも映画館上映されたカール様とドロテさんのドンキの映像ばかり観ています。
フランスやロシアなどでは映画館上映の他にテレビでも放送されたそうなので、
私がこの映像のDVD持っていても、変じゃないですよね。
と、何故か言い訳してしまいました(笑)

私のこのDVD、テレビで見る分にはいいですが、プロジェクターで大画面に写すと
画像が粗いのが目立ちます。
ブルーレイで発売してくれると嬉しいですけれど、出なさそうなんですよね…
自分でブルーレイに焼き直せばいいのかな。
MP4から画質落とさずにブルーレイに焼けるんでしょうか?
とりあえず、試してみようと思います。
来月はオペラを聴きに上野の東京文化会館へ行きます。
普段物忘れは激しい方なので、気持ちを切り替えて、今度はオペラに集中します。
来月行くのは、ワーグナーの楽劇ラインの黄金です。

7日(月)のチケットを買ってあります。
マレク・ヤノフスキー指揮、オケはNHK交響楽団です!
N響ですからね。5日(土)のチケも買おうか検討中です。
言うまでもなく、N響は日本でも1、2を争う上手いオケです。
ホルンが滅茶苦茶外れる心配もないし、安心して音楽に没頭できそうです。
ラインの黄金は、ニーベルングの指輪3部作の前夜祭に当たる楽劇で、
演奏時間は約2時間半です。幕間はありません。
2014年、ラインの黄金。
2015年、ワルキューレ。
2016年、ジークフリート。
2017年、神々の黄昏。
東京・春・音楽祭では、4年間の歳月をかけてニーベルングの指輪を上演するそうですが、
時間かけ過ぎですね。
演奏会形式なんですよ。
4年もかけず、4日で上演して貰いたいですね。
文句を言いましたが、ラインの黄金を聴きに行くのはとても楽しみです。
行く前にラインの黄金の独語テキストのおさらいをしておきたいです♪

2 Comments on 終わってしまいました。

  1. お!
    やけ食いから立ち直ったかな
    私も四年はやだ
    四日とは言わんから(笑)
    せめて四ヶ月~♪

  2. りょうちゃん、こんばんは(^_^)
    やけ食いしてから怖くて体重計に乗っていません。
    立ち直らないとデブまっしぐらです(^_^メ)
    一ヶ月に1演目つづ、四ヶ月でもいいですね。
    欧州なら1シーズンに何度でも出来る内容なのに…